MENU

認知症でかかる全体費用

自分の肉親が認知症になったとき、重要になるのが介護費用の問題です。
高齢者(65歳以上)であれば年金がありますが、それより若い年齢だとそういうわけにもいきません。
近ごろは若年性の認知症患者が増加する傾向にあります。
若年層ということは、子育て世代、働き盛りの世代でもありますから住宅ローン、教育費、生活費などの出費の問題も同時に抱えることになります。
特に、世帯主というか稼ぎ頭が病気になった場合、辞職せざるを得なくなり、一家の収入が途絶えるという問題もでてきます。

 

 

 

■認知症にかかる費用?
認知症の治療費や介護費用の問題も悩ましいのですが、それだけでは済まないことが多いのです。
例えば、脳血管性認知症の場合は、脳梗塞や脳出血が原因で症状を発したわけですから、この治療が必要になります。また、脳血管系疾患はほか多くの病気と違って、完治・治癒ということにはなりません。
継続した治療、検査が必要となるのです。専門性の高い病院での長期間の治療となります。

 

そうしたことからも、認知症の治療・介護費に加えてそうした持病に対する治療費も負担するとなると高額になることを覚悟しなければなりません。

 

 

■施設利用の費用は?
認知症を自宅で介護する場合、家族は経済的、肉体的、精神的に重い負担を強いられます。

 

そのため、肉体的、精神的な負担を軽減するために介護施設を利用するのも一つの選択肢です。

 

しかし、それでは経済的な負担を軽くすることはできません。
まず、施設への入所(入居)費用が必要です。さらに月々の施設費用、食費、部屋代などがかかります。必要となります。入所(入居)費用については0から数千万円と幅があります。月々の施設費用についても10万円〜30万円になります。

 

家族の肉体的、精神的な負担を軽くすることはできますが、経済的な負担は軽くないことを知っておく必要があります。

認知症サプリランキングへ