MENU

痴呆・物忘れは認知症なのか?

「認知症について知らない人はいないのでは?」というほど様々なところで取り上げられています。
でも、「痴呆と認知症はどう違うの?」と尋ねられた時に、戸惑う人も少なくないようです。
「物忘れと認知症は同じもの?違うもの?」 という疑問もでてきそうです。
そのあたりを見ていきたいと思います。

 

 

■痴呆と認知症の違いは?
ずばり、「痴呆」と「認知症」は同じものです。ですから、違いはありません。
かつては、「痴呆、痴呆症」と呼ばれていたものを、「認知症」と言いかえるようになったのです。

 

 

■なぜ、認知症に言いかえるようになったのか?

 

痴呆にはアホやバカという意味が含まれていて差別的なので、患者をさげすむようで問題だという声が高まりました。そのため、厚生労働省が、痴呆にかわる言葉について検討したのです。
2004年、いくつかの候補の中から「認知症」が選ばれました。
それからは、行政はもちろん報道や医療現場においても「認知症」と言い換えるようになりました。

 

■「物忘れ」と「認知症」の違いは?
「物忘れ」と「認知症」がどう違うのかわからない、という人は少なくないでしょう。
そもそも、「物忘れ」は加齢が原因で増えていきます。脳は20代から老化するといわれていますが、高齢になると記憶力の低下がさらに進むために、物忘れが多くなるのです。これは、自然なことなので深刻にとらえる必要はありません。
物をなおした場所を忘れる、約束を忘れていくらまってもこないなどで周りを心配させることもあります。そんな時、「もしかしたら、認知症かも?」と頭をよぎることがあるかもしれません。
ただし、「物忘れ」の場合は、自分で気づくなり、相手が指摘するなどで「自分が忘れていた、忘れている」ことはわかるのです。
「認知症」の場合は「自分が忘れていた、忘れている」ことがわからない、認識できないのです。
微妙ですが、そこが大きな違いだといえます。

認知症サプリランキングへ