認知症サプリ

MENU

認知症治療の方法とは

認知症になると生活が大きく変わってしまう。以前の暮らしに戻ることはない。
実際に、介護にあたっている人の偽らざる気持ちだと思います。

 

今のところ、認知症を完治させることはできません。
ただ、適切な治療とケアによって、その進行を遅らせたり、症状を緩やかにしたりできるようになってきています。

 

そうした、認知症治療の最前線はどうなっているのでしょう?

 

■薬物治療
認知症に有効な治療法で、選択肢もいくつかあります。
認知症が進行するのを抑制したり、脳機能が低下するのを少しでも緩やかにするなどの効果があります。

 

例えば、徘徊などがひどい場合には、強力な抗精神病薬を処方するなどしています。
そのため、心療内科や精神科と連携しながら治療にあたることもあります。

 

■リハビリ治療
認知症に対するリハビリを専門的に担うのが、脳活性化リハビリテーションです。
ここでは、様々な方法で脳に適度な刺激を与えることで、症状の進行を遅らせたり、眠っている神経を目覚めさせたりするなどの治療をおこないます。
回想療法、美術療法、音楽療法、学習療法、アニマルセラピー、タッチセラピー、アロマセラピーなど患者の症状や段階に応じて様々な方法が試みられています。

 

 

■家族のケア
治療というわけではありませんが、家族ケアにも大変効果があります。
いつもそばにいると、家族も精神的に追い詰められたり、負担を感じるなどして、きつく接しがちです。それが、患者の精神を不安定させたり、症状を進行させたりすることにつながります。
家族ケアとは、適度な距離感を保って本人に寄り添いながら症状について理解を示し、負担を取り除くように接することなのかもしれません。