MENU

認知症患者の見守り・観察ケア

「見守り・観察ケア」は認知症の介護をする際に、有効かつ大切な接し方になります。
認知症の患者の行動や活動を制限したり、何かを強要するのではなく、見守りながら観察するのです。

 

 

■見守り・観察ケアで心がけたいこと
「認知症の患者の行動や活動を制限しない、何かを強要しない」という以外にも、心がけたいことがあります。何かといえば、周囲の人や関係者との情報交換と協力体制です。

 

たとえば、見守りの役割を変わるなどでそこから離れる際には、交代してくれる人に伝えるべきことがあります。具体的には、「見守りの場所を離れること」「見守りをしていた間の情報」などになります。情報を伝え、それを関係者で共有することが大切です。
そうしたことを積み重ねることで、患者の体調や周囲の状況の変化を把握し、的確に対応できるからです。

 

 

まず、見守っている場所から離れるときです。
見守っている場所から離れるときは、新しく見守ってくれる人に『場所を離れる事』、『離れるまでの正確な情報』をきちんと伝えないといけません。
それは認知症患者の身体の不調や周辺状況の変化において非常に重要になるからです。

 

■まず、健康チェックを!
認知症の場合、自分の体調の変化や不調を上手に伝えられないことが少なくありません。
脳の機能が低下しているため自分の体調の変化や不調を自覚できない、健康管理ができないなどがあるのです。そのため、見守り・観察ケアの際には、本人にかわって健康をチェックすることがとても重要になるのです。

 

具体的なチェック項目には、食事の様子や量、水分摂取の回数や量、排泄の時間や回数、顔色、気をつける部位の状況、薬の服用の回数や量などです。
普段と違うと感じたら、すみやかに病院や医療従事者に連絡して、適切に対応しましょう。

 

■介護される人(要介護者)の気持ちを大切に

 

ケア、見守りの根底には介護される人の気持ちを大切にするという姿勢が求められます。
介護される人の話を聞くなどして、不安などに共感できる関係性が大切です。
何がしたいのか、どうしていきたいかを共有できるよう、話あいながら進めていきましょう。

 

認知症が進行すると記憶障害や判断力の低下が深刻になり、自分自身についても認識できなくなってしまいかねません。そうなることは、何としても避けたいというのが本音だといえます。

認知症サプリランキングへ