MENU

認知症サプリ@口コミランキング

高齢化社会と言われたのも一昔前の話。現在の日本では少子化もあり、高齢者が大きな比率を占めています。長い人生の中で、10年間は介護を受けているのが日本の高齢者の現状のようです。少しでも健康の不安を解消し、健康的な生活を送るためには食生活の改善など認知症などのリスク予防をしておくことが重要となります。しかし、毎日の食生活をバランスの良いものに切り替えるのは一苦労。効率的に栄養素を摂り込む方法として認知症サプリメントで補うという方法もお勧めです。
最近カラダの衰えを感じるようになった、と感じる人、物忘れが多くなった人などは、EPA、ココナッツオイル、イチョウリーフなどの成分の入ったサプリが、認知症予防にお勧めです。
当サイトでは、認知症の予防に効果がある成分の入ったサプリを売れ筋からランキング形式でご紹介いたします。

認知症サプリメント ランキング

きなり

「きなり」は認知症に有効なDHA,EPA(必須脂肪酸)が豊富に含まれる認知症サプリサプリメントです。DHA,EPAは青魚に多く含まれており、1日あたりの理想とされる摂取量は1,000mg。「きなり」ではおよそ半分にあたる500mgをカバー出来るのが魅力です。
また、DHA,EPAの防腐作用をもたらすクリルオイルの、アスタキサンチン(抗酸化物質)で吸収率を上げることで、有効成分を効率よく摂取することができます。
クリルオイルはアンチエイジング効果が高いとされ、美容サプリメントで使用されているビタミンEと比較しても抗酸化作用はおよそ1,000倍。いつまでも若々しくいたい方にもオススメなポイントです。
また、美肌効果が期待できるナットウキナーゼで栄養面もしっかりカバーしてあるため、多くの人に使って頂きたい内容に仕上がっています。

 

▼きなりの公式サイト・購入はこちら▼

当サイト経由で申し込むと初月1980円の特別価格で申し込めます

もっと詳しく⇒きなり

健康家族 イチョウリーフ

高い抗酸化作用を持つイチョウの葉は、数十種ものポリフェノールを持つ植物。医療でも昔からイチョウ葉は使用されてきた歴史があります。
イチョウ特有のポリフェノールにはヒトの体内バランスを整える作用が含まれており、古代から健康のために利用されていました。認知症の対策にも嬉しい成分も豊富に含まれており、高齢化社会の日本には嬉しい成分がしっかりカバー出来るのが大きな魅力となっています。
「健康家族 イチョウリーフ」では必須脂肪酸がしっかり摂れるさまざまな成分を配合。また、効率的な吸収を促す成分・ビタミンEでより高い効果が期待出来る仕様となっています。
脳機能の衰えが心配と感じている方にチェックしてもらいたいサプリメントです。

 

もっと詳しく⇒健康家族 イチョウリーフ

椰子油のちから

「椰子油のちから」の主成分はココナッツオイル。認知症の対策に嬉しい成分が豊富に含まれていることで知られています。ココナッツオイルは、美肌効果、ダイエット効果が期待でき、女性には大きなメリットが得られます。
使い方もシンプルで、まいにち口にするドリンクなどに入れて必要な栄養素を補うため、無理なく継続的な利用が可能となっています。
ココナッツオイルを主原料としているサプリメントの中で、「椰子油のちから」は国産初の製品。既存の商品は温度変化による品質管理が難しいため、海外産ばかりでしたが、「椰子油のちから」は、国内では数少ないココナッツオイルを主成分とするサプリとして販売されています。
サプリメントとすることで効率的な使用が出来るため、旅行先などにも手軽に持ち歩けるため、手軽に利用出来るのも大きな魅力です。

 

もっと詳しく⇒椰子油のちから

認知症といっても複数あります

一昔前には痴保証と言われた「認知症」、この病気は罹った本人にとっては回復が困難な病気ですが、身近にいて介護する方にとっても肉体的・精神的に非常に負担のかかる病気です。
この病気の原因は、脳細胞が完全に死滅したり、働きが極端に低下したために日常生活に悪影響が出ることをいいます。
脳からの指令は各種神経系統により人体の各末端まで伝わります。ところが、脳の機能が低下すると身体面・肉体面の両方に悪影響が現れます。

 

そのような認知症は症状により次のように分類されます。

アルツハイマー型認知症

認知症罹患者数のトップで全体の60%以上です。症状としては、脳にアミロイドベータというたんぱく質が蓄積するため脳細胞の正常な活動が破壊されることです。脳細胞の破壊は、脳の委縮が起こり、肉体と精神の両面に異常な行動が表面化します。

脳血管型認知症

次いで多いのが、この「脳血管型認知症」です。罹患者数が20%以上で、脳梗塞や脳出血の後遺症によるとされています。脳の血管が詰まり、脳梗塞や脳出血が進行すると徐々に脳血管型認知症が起こり、認知症が進行します。

レビー小体型認知症

この認知症の原因は、レビー小体という特殊たんぱく質が脳内に蓄積されることにあります。またこのレビー小体というたんぱく質は、パーキンソン病の原因になることでも知られています。
この特殊たんぱく質の蓄積される原因については、その過程はいまだ医学上未解明です。

 

以上で認知症の全体像はご理解いただけたかと思います。トップはアルツハイマー型で、次が脳血管型です。
しかし、注意すべきことがあります。それは、それぞれの病気の症状により介護する方の介護方法が異なりますから、ケースバイケースで専門医の指示に従うべきであることです。

「アルツハイマー型認知症」の症状とは?

認知症の症状にはいろいろありますが、最も多く見られるのが「アルツハイマー型認知症」です。今回は、アルツハイマー型認知症について説明いたします。

アルツハイマー型認知症の特徴とは

アルツハイマー型認知症の特徴は、脳内にアミロイドベータという特殊なタンパク質が蓄積する点にあります。このたんぱく質が脳内に蓄積されると、脳が委縮し、脳自体の機能が大幅に低下します。では、なぜこのアミロイドベータという特殊たんぱく質が脳内に蓄積するのでしょうか?。原因はいまだ未解明です。

発症する原因とは

医学上、定説はいまだに確立していません。ただ、有力な学説としては、高齢化や遺伝性であることは明白です。さらにプラスされる悪条件としては、糖尿病や高血圧が持病の人は、そういった持病のない人よりはアルツハイマー型認知症に罹りやすいことが科学的に証明されています。アルツハイマー型認知症を予防する第一歩は、精神面を含めての健康生活=生活習慣の改善にあると言えますので認知症サプリなどが有効です。

発症してからの症状の推移

発症して2〜6年間は初期期間で、この期間の特徴的な症状としては物忘れが多くなることです。朝食の食材どころか、直前に食べた飲食物でさえも思い出すことが不可能になることが多くなります。
次の中期になると、過去の生活と現実の生活状態の判断が不能になることです。何を目的として行動したのか、過去の思い出は何であったのかの忘却が激しくなります。外出しても徘徊することが多くなります。また、尿意や便通を認識できずに失禁に至ることも多くなります。
後期になると、脳の委縮が進行し、周囲からの言葉かけに対して応答が不可能になります。また、自身の言葉も不明瞭になります。やがて寝たきりの状態になり、単身での生活は不可能になります。

脳血管性認知症とは

認知症患者で一番多いのはアルツハイマー型認知症ですが、二番目に多いのは「脳血管性認知症」です。

 

この病気の詳細について説明いたします。

脳血管性認知症の特徴

この病気の根本原因は脳梗塞や脳内出血などが発症することにあります。脳の機能が低下することで起きる認知症です。具体的に説明すると、脳の血管障害により、血流が停止したり、血管が詰まったり、あるいは出血することです。脳機能が大幅に低下することにより、生活面や運動機能に大きな悪影響を及ぼすというわけです。

脳血管性認知症を防ぐ方法

この病気の根本原因は脳梗塞や脳出血ですから、当然のことですが、高血圧・糖尿病対策を第一にすべきです。よく言われることですが、生活習慣病対策が優先課題というわけです。早期の発見、もし生活習慣病が発症した場合には早期の治療とリハビリを行うことにより、症状の悪化を防ぐことが可能です。

脳血管性認知症の症状

この認知症は初期段階では、口数が少なくなり、行動力が低下が認められます。脳のごく一部に異常があるので、異常な行動と正常な行動とが周囲から見て判別できるのが特徴です。
病状が進行すると、段階的に症状は重症化します。脳の血管に疾患があるのが根本原因ですから、発作を繰り返すたびに症状は悪化します。脳のどこに病気が発症したかによっても、症状は異なります。仮に、脳機能の記憶力を担当している個所が障害を受けたとしても、判断力を担当している個所が以前と同様に正常に機能していれば、判断力は保たれている場合もあります。症状が毎日のように大きく移り変わるのも、この認知症の特徴と言えます。
参考サイト:認知症サプリメント

認知症によく出てくる症状

認知症の症状は案外知らない人が多いのではないでしょうか?
まず、代表的なのは「中核症状」です。この症状で中心となるのは記憶の障害です。次は、「周辺症状」です。この症状は、中核症状にプラスして本人の性格や周囲の環境の変化などにより発症します。

中核症状の原因と症状

中核症状の原因は、脳内の神経細胞の破壊です。認知症の代表的症状である記憶障害では、直前の飲食物の内容を忘れてしまうこともあります。逆に幼少の頃の人生経験がよみがえることがあります。これらが中核症状の事例です。
症状が悪化するにつれて、こういった記憶は100%に近いくらい喪失されます。記憶だけではありません。脳神経細胞の破壊は、判断力の低下や時間感覚のズレ、自己認識(自分の姓名や性、年齢、おい育ち等)の不能を招来します。

周辺症状の原因と症状

周辺症状は、中核症状にプラスして起こる周囲に与える悪影響です。これは決して難しく受け止める必要はありません。自分自身に対して誇大妄想な発言をしたり、幻覚症状が現れたり、介護してくれる人に対して暴力行為に出たりです。同時に精神面では、うつ病や不安感が突発的に起こるなどの症状がみられるようになります。さらに、突如として不安感に襲われ号泣するなどの感情障害が起こることも珍しくありません。周辺症状は、認知症に罹った当人だけの問題ではありません。周囲の対人関係や生活環境へ大きな悪影響を与えます。
そのため、周辺症状の実態は人により千差万別です。同一人物の周辺症状でも、対人関係や接する日時によって大きく変わります。

痴呆と認知症と物忘れの違い

「認知症」という病名の実態をテレビ等の報道媒体から情報入手された方も多数おられると思います。
似たような病名ですが、「痴呆症」もよく話題になります。
この2つの病気の違いをどれだけ多くの方が理解しているのでしょうか?
また、人は高齢化にともない、一般的傾向として物忘れが増加する傾向にあります。

 

「物忘れ」は「認知症」とは異なるのでしょうか?

「痴呆症」と「認知症」の相違点とは

痴呆=認知症と理解すべきです。病気自体はまったく同じです。認知症は以前は痴呆と呼ばれていました。

それでは、なぜ痴呆→認知症と病名が変わったのでしょうか

痴呆はもとはボケという表現で一般社会で使われていたように、差別用語の可能性があると批判が高まってきました。
そこで、厚生労働省は2004年に、痴呆に変わる新しい病名の検討を開始しました。新しい病名は認知症と決まりました。
このような経過を経て、認知症という病名が一般社会で公用語として通用するようになりました。

次に、高齢者の物忘れと認知症の違いを説明します

認知症と単純な物忘れを混同している人も案外多くいるように見受けられます。
長寿社会と言われていますが、人間は肉体の健康管理を怠らないのに、精神の健康管理に案外注意が向いていません。
そのため、高齢化するにつれて記憶力は低下し、物忘れすることが多くなります。
しかし、「物を忘れるということ」は、高齢化するにつれての自然な成り行きであり、認知症の症状とは原因が根本的に異なります。実際、人は高齢化すると物忘れの回数は増えます。知人との約束時間を忘れたり、大事な印鑑の保管場所を忘れて家族に迷惑をかけた方もいると思います。
このような生活状況を「自分は認知症かもしれないな?」と疑う気持ちがわからないわけでもありません。しかし、高齢化による物忘れは、『自分自身の脳に記憶がない』ことを明確に自己認識しています。
認知症に罹った人は、そのようなことも含めて理解できていない=脳に刻み込まれていないのです。
症状は同じように見えても原因は根本的に異なるというわけです。

認知症で病院に行く時どうすればいいのか

もしかしたら、うちの母は認知症なのでは?
いざというとき、どこで診てもらったらいいの?
そういう方が、少ないといわれています。

 

認知症かどうかはどのような手順で判断するのか?医師や看護師との向き合い方はどうしたらいいのか?
認知症を患っている本人にとっても、介護する家族にとっても、どの病院に診てもらうのか、どこの病院関係者と長い付き合いをはじめるのかは大切なことです。
認知症の際に病院を選ぶポイントについて見ていきたいと思います。

 

 

■診てもらうのは、どこの科なのか?
認知症患者の増加などが重大な問題となっているため、認知症専門の医療機関も多くなりました。
認知症にかかわっては、精神科、神経内科、老年病内科などが専門ということになります。
認知症患者の多くは、認知症とあわせてほかの病気、持病などの治療も必要になります。そのために、
複数の科を総合的に診断できるところなのです。
はじめに、このような科を設置している病院を探すことからはじめていきましょう。

 

■はじめの診察では・・・
まず、診察する際には、本人の症状が「認知症なのか?」「加齢による物忘れなのか?」を判断することからはじめるのが一般的です。
そのために、日常の生活の様子、食事の状態、持病がないかんどの様子の聞き取りがされます。それとあわせて、小さかったころの話、若かったころの話なども聞いていくのです。これは、すべての科に共通しています。

 

今、どのような症状なのかというのも大切ですが、現在の生活の様子や過去の記憶などが、認知症かどうかを診断するうえで大切なポイントになるからです。

 

患者さんの記憶にかかわって事実関係を確認する必要もあるので、できれば患者さんだけでなく家族も一緒に受診することが望ましいでしょう。

 

■必要ならセカンドオピニオンを!
認知症だと診断されたけれど、診断の結果や治療などの進め方に納得できない、不安が残るなどの場合は念のためにほかの病院でも診てもらうことも必要です。
これは、セカンドオピニオンと呼ばれていて、別の意見を聞いてみることです。

 

セカンドオピニオンとは医療に限らず専門的な知識、見識をもった第三者に意見をもとめる行為をいいますが、日本では医療の分野でよく使われています。

 

最近では、セカンドオピニオンについても定着してきたので、セカンドオピニオンを取り入れて、話し合いながら診断や治療方針を見直してくれる医師も増えています。
認知症に限らず、医師は専門的な知識をもとに治療などの方向性を示唆してくれます。選択肢が複数の場合もあります。そして医療機関や治療の進め方などについて決断するのは患者や家族なのです。

認知症の種類

自宅で介護をする人が増えていますが、認知症の問題は深刻です。
長らく使われていた、痴呆症といったほうがピンとくる人も多いのではないでしょうか?
認知症とは脳が委縮したり、細胞が死んでしまったり、機能が低下したりしてさまざまな障害が起こり、生活に支障が出ている状態をいいます。

 

脳は人間のあらゆる機能の中枢で、運動、感覚、精神的分野、言語及びコミュニケーションなどを司っています。そんな脳に障害がでると、体や精神などにさまざまな悪影響がでるのです。そのため、認知症にもいろいろな種類があります。

 

 

■アルツハイマー型認知症
認知症の6割以上がアルツハイマー型認知症だといわれています。女性に多いとされています。
原因と症状を簡単にみていくと、脳にアミロイドβと呼ばれる特殊なたんぱく質が蓄積され、神経細胞が死滅することで神経伝達に支障が出ます。また、脳も委縮していき、身体の機能が失われたり、精神面で異常をきたしたりするのです。

 

 

■脳血管型認知症
脳血管性認知症は認知症の2割を超える人が発症しています。男性の割合が高い認知症です。
脳梗塞、脳出血やくも膜下出血などで脳の血管が詰まったり、血管から出血したりすると脳の細胞に酸素が送られなくなります。それが原因で神経細胞が死滅することで発症します。
血管の詰まっている部位が広がると、さらに症状が進みます。

 

 

■レビー小体型認知症
レビー小体型認知症とはその名のとおり、レビー小体が脳に蓄積されて発症する認知症です。
レビー小体とは、神経細胞に出来る特殊なたんぱく質で大脳皮質や脳幹に集まります。多くなりすぎると神経細胞が壊れて減少するため神経伝達に支障が出ます。そのことで発症するのです。
パーキンソン病と関連しているともいわれています。レビー小体が脳に蓄積する原因についてはわかっていません。

 

 

■認知症の全体像
認知症の中でアルツハイマー型認知症が多いことは、上に書いたとおりですが、脳血管型認知症、レビー小体型認知症を合わせるとおよそ4割になります。それぞれの型によって、症状のあらわれ方、対処の仕方が違います。専門医に相談したうえで適切な対応が必要です。

更新履歴